profile

園城三花(えんじょうみか) フルート奏者

京都生まれ。中学卒業と同時に渡独。北西ドイツ・デトモルト音楽大学青少年特別養成クラスを経てミュンヘン音楽大学卒業。在学中よりドイツの古城やヨーロッパ、日本各地にて演奏活動を展開。1987年ソニーミュージックエンターテインメントよりデビューアルバム「カノン」をリリース。収録曲がサントリーの「おいしい水」CMに使われる。TBS系「新吾のおまちどうさま」準レギュラー、TBS系「素晴しき仲間」テレビ朝日「ニュースステーション・金曜コンサート」NHKBS「セレナーデ」他、テレビ、ラジオの音楽番組に出演。87年~92年『平安神宮・夜桜コンサート』、88年~97年『彦根城中秋の名月コンサート』88年『月珪冠・酒蔵コンサート』(テレビ朝日収録)89年『名古屋デザイン博・コンサート』、90年『金閣寺音舞台』(毎日放送収録)、90年『京都大文字送り火コンサート』(NHK収録)、90年『倉本聡の富良野塾・ぼくらはみんなトムソーヤ』(NHK収録)、90年『大阪花博・コンサート』91年『三千院・大原の秋コンサート』95年『厳島神社1400年祭 記念芸能祭』01年『大覚寺観月の夕べ コンサート』などイベントに多数出演。

91年ヤマハよりフルート(園城三花モデル)が発売され、あっという間に完売される。東芝・ビルトインエアコンのTVコマーシャルにも出演。

2013年フルート呼吸法を使った健康メソッドを新たに確立。

2017年より 室内楽セミナー講師としてドイツへ招聘されている。

2018年~ 社会福祉事業への募金のため「花と名曲」シリーズを立ち上げ全国で継続的に行っている。平成元年(1989)より弦楽器とのアンサンブル演奏活動も始め、2019年(令和元年)「京都カルテット」として、“いのちの輝き・尊さ”をテーマに疲れた心に寄り添うトークコンサートを全国展開している。

2001年『京都府あけぼの賞』受賞。京都市芸術文化協会会員。

Mika Enjo

begun to play the flute at the age of 8.

took Prof, Paul Meisen’s open lesson at the age of 10.

entered into Grabbe Gymnasium in Germany in 1978 at the age of 15. at the same time into Nord-West Germany Music Academy as a youth special student under Prof. Meisen’s supervision. often played in concerts in churchs and salons during the days in Academy.

entered into Munich Music Academy in 1981. moved to Paris to study baroque music under Prof. Kurt Redel and French music of 18th and 19th century under Fernand Caratge in 1984.came back to Japan in 1986 and started career as a solo flutist. Released the first CD album ”Kanon” from Sony Entertainment in 1987.since then, done many recordings and often played on TV and Radio. tried to bring out the greatest potentialty of flute and as well as in many events such as the Heian shrine concert, the Kinkakuji golden temple(broadcasted on MBS TV),the Nagoya Expo concerts, the Itsukusima shrine 1400th Anniversary concert. the Mika Enjoh model flute was produced by Yamaha and sold out immediate.

played for a TV commercial for an electricity company. Since 1995, dedicated to playing in the concerts in medical centers and halls to support the people who suffer from atopic dermatitis, as one of the patients myself.

Invited as a panelist to the annual meeting of the Japanese Dermatological Association in 2000.

Made a speech in the symposium ‘how to get along with allergic diseases’ by Tokyo and the Ministry of Environment in 2001.

wrote a book “Viva music! Bye bye Atopi! ”

Invited as a guest commentator in the sterile ¬-symposium .

concerned with to many social welfare activities .